PAGE TOP

曇っている木曜の晩はお酒を

冷えたコップと頬を伝う涙

「天ぷら」のことの本を書くなら、どんなことを調べる?「クリエイター」の成り立ちとかだろうか。もしくは、一個人の考え方からくる意見かな。

天気の良い休日の明け方は想い出に浸る
ふつう、至って無地のコーディネイトで出歩く私は、かなり驚かれるけれど。
キャミや定期入れや時計まで揃い、統一して固めたいと思えば節約生活になりそうだ。
でも、ジルは夢中になってしまう何かがある。

喜んでダンスする兄弟とよく冷えたビール
知佳子はAさんの事が大好きなようだ。
Aさんも知佳子を可愛がっている。
彼が出張に行くときは、知佳子も絶対行くし、今回は私も一泊だけ付き添った。
知佳子もAさんも私の事を同じ名前で呼ぶし、何か意見を求める時は、とりあえず、私に問いかけてくれる。
なんだか目をかけてくれているような感じがして凄く心地がよかった。
息絶え絶えで口笛を吹く彼女と花粉症
私は仕事の関係で、日光市へ行くことが凄く多かった。
関東地方の北寄りに位置する日光市は栃木県にあり、海に面していない県で、多くの山々に囲まれている。
そのことから、冬の時期には雪が多く、除雪車やチェーンなど必須になる。
秋になると、東北道で、2泊3日で、行って帰って、また2泊3日というスタイルが多く、テレビなどのメディアで日光市が登場すると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は行ってみてほしい市だ。
紹介させてもらうと、見どころは東照宮。
江戸をまとめた家康の眠っている所で、境内の様子に驚くだろう。
あと、いろは坂を上るとたどり着ける日光の湯元温泉
硫黄泉らしく、乳白色で熱い湯。
この温泉に入ると冷えにも良いのではないかと思う。
東照宮が建てられた時は、この温泉を目指してたくさんの湯治客が集まったらしい。
その様子は思い浮かべられる歴史的な栃木の日光。
ホテルの紹介も兼ねて、雑誌にも多く記載されているここへ、行ってみようと考えている。

のめり込んでお喋りする子供とわたし
梅雨も終わり、今日蝉の鳴き声を聞いて、少年は「夏だ。」と思った。
夏休みを目前に控えた休みの日のお昼前、少年は縁側でアイスクリームを舐めていた。
頭の上では風鈴がときどき涼しげに鳴っていた。
いつにも増して暑い日で、日差しが座った少年の足を焦がしていた。
少年は半ズボン姿だった。
顔を伝って汗が流れ、アイスもとろけてきた。
少年は、近所の屋外プールのオープンに期待していた。
気持ち良さそうに吠えるあの人と霧
私は以前から、素肌がまったく丈夫じゃないので、すぐにトラブルが起きる。
その上、ボディーソープの体にこびりつく使い心地が嫌いだ。
しかし、寒い季節は非常にぱりぱりになるので、添加物の少ないスキンローションを使用している。
愛用中の品の驚くべき点は、価格がとても高く、買うのに勇気がいるところ。

のめり込んでお喋りする弟と冷たい雨
鹿児島のお歳をめしたの主婦の方は、いつも毎日、切り花をお墓にやっているから、ゆえに、お花がたっぷり必要で、花農家も山ほどいる。
夜半、原付で疾走していると、電照菊の電灯がよく夜半、原付で疾走していると、電照菊の電灯がよく視野にはいってくる。
住まいの電灯はものすごく少ない地方とは言っても、菊の為の電灯はちょいちょい視認できる。
菊の為の照明はよく目に入っても人の往来はめっちゃちょっとで街灯のライトもものすごくほんの少しで、物騒なので、学生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。
勢いで跳ねる彼と読みかけの本
ある真夏の昼前。
少年は外で、アリの行列が虫の死体をせっせと運ぶところを観察していた。
蟻たちはがんばって動き回っているのだけど、虫の死体ひとつでこんなにも大勢の蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年は首をかしげた。
少年は、アリ達に水をかけたらどうなるだろう、という好奇心がわいてきた。
でも、今回はただただ観察し続けることに決めた。
とても暑い日だから、少年の汗がダラダラと流れ、雫となってアリの行列のそばに落ちた。

息絶え絶えで大声を出すあの人と飛行機雲
仕事場で身に着けるスーツを買いに来た。
コムサでモードなどフォーマルなショップもいいな〜と悩んだけれど天神コアも悪くないと思う。
気が強そうで元気な女性向けのファッションビルで、体にフィットする服が多いのが特徴。
価格はテナントによって違いが表れるが、大体はリーズナブル。
中で、購入する物を選んでいたが、細身の物が多く売られていた。
着た感じも、少しはあか抜けているように見える気もする。
良いスーツ購入ができて、とても満足感があった。
雨が上がった日曜の夜は散歩を
旅でも仕事でも、韓国への渡航回数が多い。
縁があるのは、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、女の人はコスメやネイルなど興味がある人も多いと思う。
韓国の人見た目、つまり自分磨きに関しての勢いは素晴らしいといわれる。
就職や、結婚の際に、日本に比べて露骨に判断されるシチュエーションが多いという。
お国柄か、韓国製の化粧品は、成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
そのため、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してもいいだろう。

気分良くお喋りする弟と横殴りの雪
今更ながら、ニンテンドーDSに虜にされている。
最初は、英検対策にもっと英語漬けや英語のソフトを中心にしていたのみであった。
しかし、ベスト電器でゲームソフトを選んでいたら英語関係以外も気になってしまい、いつも買ってしまう。
スーパーマリオやリズム天国、育成ゲームなど多数。
面白い物で、トラベルシリーズも売れているらしい。
これだけあれば、電車内などのちょっとした空き時間には有効活用できそうだ。

Copyright (c) 2015 冷えたコップと頬を伝う涙 All rights reserved.