PAGE TOP

ゆったりと体操するあの人とぬるいビール

冷えたコップと頬を伝う涙

「霧」が好きな人もいれば、嫌いな人もいるだろう。無関心な人だって。あなたが感じる「コーラ」って、どうだろう?

息絶え絶えでダンスするあの人と壊れた自動販売機
珍しく情緒不安定な感じになってしまい、ちょっとのことでも集中できなかった。
これといった原因があるという訳ではなく、ふとした拍子に悲観的になったり、今までの事が意味のない事に思えた。
そんな中、外に出る仕事ができた。
中身は有名な外でのイベントで結構立派な案件だった。
間違ったらいけないと思い自分を忘れて真剣になっているうちに普段の楽観的な気持ちに戻ってきた。
そういえば、苦しかったときは、明るい時間帯にお日様の光を浴びたりしなかったんじゃないか。
お昼に活動するのも健康なことだと思った。

怒って歌う彼と僕
とある気難しい仕事があったとき「まあ、なんとかなる」と考えていた社会人になりたての自分。
当時の私たち新人みんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」とあっさりとらえていた。
見かねた指導担当の社員さんが注意したセリフが脳裏に残っている。
「達成に向かってしっかり日々を過ごしたからこそ、終わってからなんてことなかっただけ。
よって、あなたたちみたいに軽く構えていて、偶然内容が単純だったという意味は含まれていません。
過ぎればなんてことないといった本当の意味は、正反対です。
コツコツと真面目に勉強し準備をしたからこそ、能力が有り余って、内容が円滑に進んだという事を言っているだけです。
じゅうぶんその気になりましたか?
なめていないで頑張ってください。」
という事。
この言葉があってから、みんな必死に勉強しうまく収めきることができた。
天気の良い水曜の午後に想い出に浸る
嫌われ松子の一生という題名の番組が放送されていましたが、好きだった人もいたと思います。
わたしは、テレビ番組は見なかったのですが、女優の中谷美紀さんの主役でシネマが放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが不運な境遇にいながらも、自分は不幸だと思いません。
周りから見ると、かわいそうな人かもしれないけれど夢を捨てません。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
すごく、リスペクトを感じました。
私も幸せになりたいのに、チャンスがやってくると罪悪感がある。
なんていう、訳の分からない状態だった当時の私は、放送中悩みなんか忘れていました。
とても、明るい映画なので、お勧めしたいです。
そして、中谷さんは、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、理容師でも、何をしても綺麗でした。

勢いでダンスする姉妹と失くしたストラップ
ちかこが、アパートのベランダで、トマトを作っている。
実がなったらトマトケチャップを作ってみたいらしい。
彼女は、まめに水を与えないし、ベランダにてたばこをふかすので、ミニトマトの周りの空気は全然良くない。
丸3日、水分をあげなかったと言う時期の、ミニトマトの見た目は、葉っぱが垂れ下がっていて、どことなくがっかりしている姿に見えなくもない。
気の毒になったので、水と肥料をたっぷりあげると、あくる日の明け方のミニトマトは生き生きと復活していた。
目を閉じて踊る君と観光地
憧れているモスクワに、必ずいつか行こうとという夢を抱いている。
英語の勉強に挫折しそうになった時、ロシア語の基礎を勉強してみようかと思い立ったことがある。
だけど、立ち読みしたロシア語のテキストを見て即断念した。
とにかく活用が半端なく複雑だったのと、発音の巻き舌だ。
ツアー客としてスピリタスとビーフストロガノフを目標に向かいたいと思う。

騒がしく話す母さんとオレ
セミ鳴き声も聞こえなくなった夏の日の夜。
少年は縁側に座って、西瓜を食べていた。
かじってはスイカのタネを外に向けて吐いていると、ときおりタネがうまく飛ばずに、自分の体に落ちる時もあった。
横に置いている蚊取り線香の匂いと、風の無い暑い夜、そしてスイカの味。
少年はそれらを感じながら、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうかな、と考えていた。
悲しそうに大声を出す姉妹とわたし
一昨日は、1ヶ月半ぶりに雨が降った。
アジ釣りの約束をいとことしていたが、雷までなっているので、さすがに危険で行けそうになかった。
一度、雨が降っていなかったので、できれば行ってみるということになったのだが、釣りに行ける準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
またの機会にと言って釣り道具をなおした。
来週は雨じゃないそうだ。
その時は、今度こそ行こうと思う。
またの機会に行ける日にと言って釣り道具をしまった。
明後日からは晴れが続くらしい。
なので、今度こそ行こうと思う。

気どりながら走るあの子と電子レンジ
午前0時を過ぎて、眠りに入れないときは、家にあるDVDを起き上がって見てしまう。
この前観賞したDVDは、「エスター」という米国映画だ。
メインの、エスターは、頭が良いけれどかなりクレイジーな女の子。
ラストには思いもよらない結末があなたを待っている。
それは見る半ばで、隠された事実が分かる人がいるだろうか疑問なくらい予測不可能な事実。
結果は、ビックリとするのではなく、非常にゾッとするような結末だった。
映画は、眠くない私の深夜の時を充実させてくれる。
と言いつつも、常にカクテルもそろっているので、体重が増加するのが良くない。
笑顔で跳ねるあなたと冷たい肉まん
MCで有名な人が芸能界引退らしく、テレビでたくさん報道しているが、めちゃめちゃすごいです。
次の日本の総理がどういった人になるかっていう話より報道では順番が速かった。
どのような政治家が代表になっても変わらないって思う方もめちゃめちゃいるし、それより、有名芸能人が芸能界を引退というのが何かしら影響がでるということですかね。

目を閉じて吠えるあの子と横殴りの雪
請われて、知り合いの所有地のモウソウダケの除去を手伝っていたが、高すぎる竹がとてもぎゅうぎゅうに生えていて苦しかった。
竹林の持ち主が山の管理を親から相続して、竹が密になっていて、手のいれようがなかったそうだ。
私たちは、仕事で使用する太い竹が欲しかったので、いただけるとなり、ちょうど良かったが、竹やぶになった山から運び出すのもひどかった。

Copyright (c) 2015 冷えたコップと頬を伝う涙 All rights reserved.